少女という概念

桜庭一樹ブルースカイ』読了。
1627年ドイツでの少女・マリーとその祖母、魔女の物語。2022年のシンガポールでの青年・ディッキーと周りの友人達の物語。そして、2007年鹿児島での女子高生・青井ソラと周りの友人達の物語。キーワードは、「青い空」、そして、「少女」。
「箱庭」という単語と、2022年シンガポールの3Dゲームに少し騙された。成る程成る程。
登場人物の心情が丁寧に書かれ、第3部は特に青井ソラと同年代なら共感するところも多かったろう。
少女から女性になる。そして女性は老いてゆく。突然に変わる。だから女は全ての時代を楽しむ。真っ直ぐに。いつまでも。どこまでも。
時代が概念を消失するという事は当然あるだろう。時代が概念を生み出す事もまた然り。
2022年で少女が絶滅した、というのは結構考えられ得る事かもしれない。
今、少女が被害者となった事件が次々に報道されている。報道される事件全てが、この世の事件とは思わないように。きっと、今までも数多く、少女が被害者となる事件があったろう。だがその事件は、報道に値しない、または、より報道すべき事件と重なった、という愚かな理由で報道されなかったのだ。
元来、少女は弱い。美しくとも、力では弱い。従って、被害者になる確率は非常に高い。動物界なら、きっとこの種は時間を掛けて変化し、居なくなるだろう。よって、「少女」が失われる、絶滅する時代が、来るかもしれない。
表紙が森博嗣スカイ・クロラ』と同じように真っ青だ。どちらも、空を扱っていて、共通して"青"なのが美しい。


ブルースカイ

ブルースカイ