1年以内にマンションを買うという体で動いてみた

2chの住居賃貸or購入スレの場合、税金や資産価値の話で (それはもちろん要点なのだが) 有耶無耶になるのが定番だが、実際、自分がマンションを買うとなるとどうなるのかというところを知りたくなり、動いてみた。初めは図書館で借りた本を読んだのだが、2chと変わらない内容だったので、足を動かすことにした。

SUUMOの相談カウンターで講習を申し込み、購入寄りの意見を聞き、そのまま個別相談と言う流れになったのだが、SUUMOでは基本的に初めは新築物件しか紹介しないらしい。後々に中古物件を紹介するのかというところは確認しなかった。

SUUMOを経由し学んだこと (教わったこと、足を使って知ったこと) を箇条書きにすると以下のとおり。

  • 僕 (一般的なITベンチャ企業の一般社員) の年収では都内の新築物件はほぼ不可能
  • 物件売主によるブランドがある
    • 若者 (あるいは低所得者層向け) ブランドというものもある
  • 地域 (区域) にはその用途としてラベル付けがされているが、最近は再開発などの名目で様々な用途の建物が混在していることが多い
    • 千葉県や神奈川県の新築物件の多くは、住居専用地域、中高層住居専用地域、商業地域に建てられている
    • 埼玉県の新築物件の多くは、商業地域、準工業地域、工業地域に建てられている
    • (準)工業地域は川沿いや広い道路沿いにあり工場や倉庫が並んでいることが多い。物件が建つ土地の以前は大きな倉庫があったという場合がかなりある
    • 高層用でない住居専用地域は戸建てが多く、隣接する土地が細かく分かれていると高い建物が建てられないそうなので、その物件の3から4階以上の見晴らしがしばらくは保証されているような宣伝をされる
  • 川沿いの物件は地震の際の液状化現象に言及していることが多いが、役所が配布するハザードマップが確実な情報であるためそれを参照しない間は鵜呑みにしない方がいい
  • 「東京駅まで◯◯分」という文句は嘘が多い: 乗り換え時間を考慮せず電車に載っている時間を足しているようにみえる
  • 駅から物件までの距離が遠い場合、住民専用バスが導入予定などと紹介されていることがあるが、物件完成→管理会社による運営の将来により、そのような措置が無くなる可能性がある
  • ディスポーザやミストサウナなど、その物件の価格帯に似合わないものがデフォルトとして付いている場合、物件に何かしらの悪いところがあり、それをカバーするためであることがある
  • リビングの真ん中にスライド収納できる壁 (4枚ほどの引き戸) があり、それでリビングを分割し部屋を作れるレイアウトが最近の流行らしい
  • 床暖房付き物件は多い
  • バルコニーの面積は部屋の面積に含まれない
  • 販売は第M期N次など、期間を分けて行われる。期間によって販売される部屋が異なる
  • 南窓の部屋がもっとも価格が高く、次に東窓、西窓の順。北窓の物件は見つけられなかった
    • 当然、階数が大きいほど高い
  • エレベータ近く、階段近くの部屋は、それから離れた部屋よりも安い価格が設定されていることが多い
  • 売れ残り物件 (販売を開始して数ヶ月経ってもまだ空いている部屋) は本当に値下げする (幅は50万から1000万でまちまちで、検討者に値下げを提示することもあれば、知らぬ間に下げられていることもある)

お金周りのことはまた今度。